近況報告 vol.251

関西外大同窓会 中部支部主催「New Year Party 2020」
中部国際空港セントレアの各航空会社の協力により、現役学生とともに盛大に開催!

 「New Year Party」開催は今年で5回目であり、中部国際空港では4回目の開催となった。本イベントは、同窓会第五期事業計画に基づき、現役学生への支援活動や母校との連携強化を開催目的に掲げ、就職支援の一環として航空業界並びに大学キャリアセンターの方々にも参加してもらい実施した。特に、株式会社ドリームスカイ名古屋、ANA中部空港株式会社など各航空会社の全面協力の下、交流イベントや空港見学などを企画した。1月25日(土)午前中は、中部国際空港内の施設「FLIGHT PARK」の見学を実施。朝から多くの学生らが参加した。施設にはボーイング787の展示を始め、航空業界の制服体験や、コックピット内の見学など、9つの体験型コンテンツが用意されている。学生たちも思わぬ充実度に楽しい一時を過ごした。
 また午後からは、コンフォートホテルのレストラン、イタリアントマト・カフェスペリオーレ中部国際空港店にて「New Year Party 2020」を開催。参加者は総勢55人(内21人は現役学生)で、多くの学生は将来航空業界をめざし、それぞれが積極的に交流し、有意義で貴重な時間を過ごすことができた。
 New Year Partyでは、新庄哲三中部支部長(1973年卒)の歓迎の挨拶でスタート。普段関わることのない同窓生や現役学生、そして各航空業界の方々が、航空業界に因んだ「クイズ」などですぐに打ち解け、世代を超えた交流が各テーブルで繰り広げられた。パーティ終了後には、現役学生を対象とした空港見学会を開催。2グループに分かれて、「ANAのチェックインカウンターとオペレーションセンター」、「JALの搭乗ゲートとサクララウンジ」など、JAL,ANAのスタッフの方々に引率いただき、直接説明を受けることができた。見学中には中部国際空港で勤務している本学卒業生による説明もあり、現役学生に応援のメッセージを送ったり、学生の質問に丁寧に答えてもらったりした。航空業界に就職を希望している現役学生は、「実際に働く現場についてそれぞれの担当の方から説明を聞けて、すばらしい体験ができた。皆さんが自信と誇りを持ち、決められた時間の中で連携・協力しながら飛行機の運行やお客様の対応に打ち込んでいる姿をみて感動しました。これから一層努力して、将来のキャリアとして航空業界への就職を目標にしていきたい。」と熱く語ってくれました。

2020年中部支部行事(上半期):
4月12日(日)中部支部主催「第9回ゴルフコンペ」(三鈴カントリー倶楽部)
7月 5日(日) 2020年 中部支部総会・懇親会(名古屋栄 東急REIホテル)

pht
▲【New Year Party 2020】全体写真

pht

pht

pht

pht

pht

ページトップへ戻る

〒573-1001 大阪府枚方市中宮東之町16-1
TEL:072-805-0140(直通) , FAX:072-805-2812