大森 雅彦 氏

大森 雅彦 氏

語学以外に何か世界の勉強がしてみたい サークル「FNC」との出合い

「学生時代に一番頑張ったことは勉強です」と言いたいところですが、実は勉強は二番目で、学生時代に最も力を入れたのはサークル活動だったと思います。当時、片鉾キャンパスにFNC(Frontier New Century)という世界の諸問題について研究・発表を行う文化系のサークルがあり、そこに所属していました。語学以外に何か世界の勉強が出来たらいいな、と思っていたこともあって、すごく惹かれたのがサークル入部のきっかけです。 3年生になった頃、穂谷にもこのようなサークルを自分たちで新しく立ち上げようと思い、「地球市民研究サークル」というサークルを立ち上げました。語学を学ぶ学生として自分を見た時、日本人である前に世界市民なんだ、という結論に至りました。そこで、一人の人間として世界のことを考えてみたい、世界を舞台に研究や活動をしてみたい、という思いが生まれました。これが「地球市民研究サークル」の始まりです。そこで、世界や日本にある諸問題についていろいろな研究をしました。大きなテーマでは核の問題や世界の南北問題から、日本の問題だとDVの問題なども取り上げました。時には部員増員に奮闘したりもしましたし、とにかく積極的にサークル活動に打ち込んだ学生時代だったと思います。

先程勉強は二番目だと言いましたが、今の自分の活動のきっかけになっているんじゃないかと思える授業にも出合いました。それは、異文化コミュニケーションの授業です。外的な異文化ではなく、自分の中にある異文化、つまり、自分の中にない文化を受け入れて行こう、とするコミュニケーション能力の向上のための授業でした。まったく自分と違う価値観、常識の存在を認識することで、今まで見えていなかった両者間の壁に気付くことができます。日本では当たり前のことが、海外に行ったら当たり前でなくなる。この授業で学んだ内容は、海外で生活や仕事をする上で非常に役に立ちました。

留学で振り返った自分自身のあるべき姿

在学期間中にも留学チャンスはありましたが、諸事情でその夢は叶いませんでした。この時の悔しい想いから、語学留学制度のある会社を条件とした就職活動が始まりました。そして、無事にこの条件が整った会社への就職が決まり、語学留学への夢を叶えるべく必死に頑張り続けました。でも、海外留学への道は厳しく、毎年、営業職と工場職からそれぞれ1名ずつが北京への語学留学の切符を手に入れることが許されるのみ。とにかくがむしゃらに全国でも目立つ成績を上げ続け、5年目にして念願の北京留学を叶えることが出来ました。常にトップという訳ではなかったですが、表彰をいただけるほどでしたから、目立つ仕事はしていたんじゃないかと思います。

ずっと日本にいると、どうしても日々の忙しさに流されてしまって、自分の夢や進路のことを考える時間がありませんでしたが、北京留学がそんな自分にゆっくりと考える時間を与えてくれました。その結果、日本を出て海外で自分自身の力を試してみたいという思いに至りました。北京から帰ってからは、この思いが日に日に強くなり、会社との相談の上、特別に上海への転勤が決まったのですが、やはり自分自身の力でやってみたいという思いは変わらず、1年を待たずに辞める結果になりました。

photo

photo

日本のサブカルチャーを世界に

私自身、後先考えずに行動するタイプなので、実際に会社を辞めようと思った時も、気持ちばかりが先走って何の準備もないまま退社してしまいました。おかげで起業準備には苦労しました。夜の仕事や飲食店のアルバイトで収入をつなぎながら、着々と準備を進めました。どこでもそうなんですが、日本人が外資で会社をつくるとなると、やっぱり厳しい現実がそこにはあります。中国で起業した日本の方の合言葉になっているんですが、良いパートナーを見つけることがひとつの成功の秘訣と言われています。逆に良いパートナーに恵まれなければ、どんなに良いビジネスでも失敗する、とも言われています。その点では、私は恵まれていました。上海にわたってすぐに知り合った非常に優秀な中国の方がパートナーとして一緒にやってくれることになりましたから。でも、実際に起業しようと言ってから昨年立ち上げるまで、約2年間を要しました。

日本のサブカルチャーを世界に

今は、中国人のパートナーと二人で現地法人のアパレル会社を運営しています。企画・デザイン制作から販売までしていますが、少し特殊なアパレル商品を扱っています。たとえばアイドルの舞台衣装。日本で人気のAKB48の上海姉妹グループでSNH48というのがあるんですが、そこの劇場用の舞台衣装などの製作を一部任されています。後は、アニメ関係の衣装なんかも取り扱っています。日本の有名なアニメの中国での版権を持った会社とタッグを組んでアパレル衣装を作ったり、キャンペーンガール用の衣装を作ったり。そのアニメキャラクターの入った一般ユーザー向けのパーカーやTシャツといった商品を展開しています。ゲーム・アニメやアイドルなど、そういう日本のサブカルチャーの要素が強いアパレルを取り扱っている会社ですね。

まだまだ立ち上げたばかりの会社なので、将来このくらいの規模にしてみたい、っていう漠然とした夢はあるんですが、とにかく、日本のサブカルチャーを軸としたビジネスをまずは中国、東南アジア、そしてヨーロッパへ少しずつ広げて行きたいと思っています。

photo

photo

思い立ったら即行動 後先考えずに走り出した起業への道

例えば、留学生が上海に来る機会があれば、何かサポートしていきたいな、と思います。外大を卒業して現地で活躍している若いメンバーもたくさんいますが、年配の方でも、自分より年上の方でも、現地に来てすぐというのは右も左も分からずに不安なものです。また、友達も少ないでしょう。そういう時に、関西外大というコミュニティで何か役に立てることがあれば、ぜひ協力していければいいな、と思いますね。

掲載:平成26年4月

ページトップへ戻る

〒573-1001 大阪府枚方市中宮東之町16-1
072-805-2801(代)